プロミスの在籍確認の電話連絡について

プロミスの在籍確認の電話連絡について

プロミスには在籍確認の電話連絡がない、もしくは在籍確認の電話連絡がなしでお金を借りる事が出来ると言われています。
在籍確認の電話連絡は勤務先に電話が入るもの、大手の消費者金融のプロミスと言っても、プロミスから電話連絡が入った事を周りにいる人に知られたくないケースは多いと言えましょう。
プロミスでは特定の条件を満たしている事で在籍確認の電話連絡なしでお金を借りる事も出来ます。

プロミスからの電話連絡でもある在籍確認について

在籍確認はフリーローンやカードローンなどの申し込みを行う時に必ず行われる審査の一つです。在籍確認はプロミスに限った事ではなく、すべての消費者金融や銀行、信用金庫などローン申し込みを行えば必ずと言って良い程、勤務先などへの電話連絡が入ります。

勤務先に消費者金融や銀行から電話が入るのは滅多にない事です。
プロミスから電話が入ると、電話口に出る人は消費者金融からお金を借りようとしている、もしかして借金があるので困っているのではないかなど変な風に勘繰られてしまうのではないかと不安に感じる人も多いと言えましょう。
銀行からの電話の場合には、融資の事で相談をしたり普通預金についての相談を行う目的で電話連絡が入るケースもあるわけですから、消費者金融からの連絡よりもましともいえましょう。
消費者金融の場合は融資を行っているだけで、銀行などのような預金業務を行っていない関係上、消費者金融から電話が入ると、それが融資によるものだと周りのいる人に感づかれてしまう、変な風に勘繰られる可能性もあります。
ちなみに、消費者金融は簡単に言え場金貸しを行っている金融業者です。
これがプロミスなどのような大手の会社、中小の会社などに関係なく、電話連絡が消費者金融からは入れば、大半の人はキャッシングに手を出しているなどと勘繰られるわけです。

但し、在籍確認を行う時にはプロミスの名を名乗る事はなく、担当者の個人名を利用して勤務先に電話をかけてくれるため、プロミスからの連絡、他の消費者金融や銀行からの電話などを周りにいる人に知られる事なく、要件を済ませる事は可能です。

ちなみに、在籍確認は申込書に記載した会社に勤めているか否かを確認するものです。
所要時間としては3~5分程度の時間で完了するのが特徴で、電話口に出た時に初めてプロミスの名で在籍確認を始めるなどの特徴があります。
しかしながら、派遣の人や営業職の人などにとって不安になる事も少なくありません。

外出が多い営業マンや派遣社員などでも安心な方法があります

会社の中でデスクワークを行う人にとって在籍確認の電話連絡が入ってもすぐに対応する事が出来ますが、営業職の人などの場合は、社内にいる時間よりも外回りを行っている時間の方が長くなるなど、会社の中で不在になるケースは多いと言えましょう。

自分が留守中にプロミスから連絡が入れば、周りにいる人にプロミスのキャッシング申し込みをしたなどと感づかれてしまうのではないか、消費者金融でお金を借りようとしているけれど、借金を持っていて返済が出来ずに困っているのではないか、色々な詮索をされてしまう恐れもあります。
個人名で名乗ってくれると知っていても、自分がいない時間にプロミスから電話が入るのは非常に不安だと思う人も多いのではないでしょうか。

働き方の一つに派遣という働き方があります。
好きな仕事を選んでお金を稼ぐ事が出来るのが派遣の魅力の一つです。
派遣の中でも登録型派遣は、派遣会社に就職をするのではなく、派遣会社と契約を結び仕事がある時だけ派遣先企業に出向を行い仕事をするなどの特徴があります。
プロミスの申し込みを行う時には派遣先企業の社名や住所、電話番号などを記載する事になるわけですが、営業職と同じように社内にいない事が多い職種もあります。
例えば、工場ワークなどの場合は電話口に出る事が出来る場所で仕事をしているわけではありませんので、いつ電話が入るのか不安になる人も多いと言えましょう。
しかも、派遣先企業は自分が勤めている会社ではなく、あくまでも派遣会社からの要請で対象となる会社に出向しているだけですから、ここでプロミスや消費者金融からお金を借りている事を知られたくないと感じる人は多いわけです。

営業マンなどの場合は、在籍確認の電話連絡の時間を決めておく、派遣社員の場合は派遣会社に相談するか、在籍確認の要らない方法を相談するなど、プロミスのサポートに電話を行って相談をしておけば、在籍確認なしでお金を借りる事が出来るケースもあります。

在籍確認の電話連絡は時間指定や番号指定も可能です

誰もいないオフィス
派遣社員やアルバイト、パートなどで仕事をしている人にとってプロミスからの電話連絡は色々な不安が付いて回るかと思われますが、在籍確認は時間指定を行う事が出来る、電話連絡先の指定を行う事が出来るようになっています。

電話連絡先の指定はあくまでも会社の番号であり、自分の携帯電話や家の固定電話ではありません。
プロミスは無職の人への融資を行っていないため、勤務先の電話番号であれば指定が出来ると言う事です。
ちなみに、在籍確認は働いている事を確認したい、申し込み時に記載した会社に勤めている事を確認したいなどの理由で行うものです。
これは一つの審査として必ず行われるのが特徴です。

また、在籍確認は申し込みを行って審査がある程度進み、最終的な確認を行う事で行われる審査の一つ、在籍確認が行われた時には大半の場合が審査に通過していると考えても良いと言えましょう。

会社の中では私用電話などについてうるさいケースもあるわけで、プロミスの社名を明かさずに電話をしてくると、それを私用電話としてみなされてしまい、後で色々と文句を言われてしまうので困ると言う人も多いのではないでしょうか。

サポートに相談する事で、在籍確認の方法を考えてくれる、特定の時間帯に周りに気にせずに話が出来る番号にかけてくれるなどの対応をして貰えるケースもあります。
サポートは公式サイト内に記載してある番号で、フリーダイヤルになっているのでお金を掛けずに相談が出来ます。

ちなみに、在籍確認は午前中に申し込みを行った場合は当日の午後もしくは翌日の午前中など混雑度に応じて行われますが、サポートに予め相談をしておけば、会社の中で人が少ない時間帯に連絡して貰えるなど、こちらの要望を聞き入れて貰えるケースもあります。
また、社員証や直近の給料明細書など勤務している事が証明出来る書類を予め提出しておく事で在籍確認が免除された形で融資を受けられるチャンスもあります。

申込書に記載が行われた勤務先の確認の目的

プロミスからの在籍確認の電話は書類に記載してある勤務先の情報が正しいのか否か、虚偽のチェックが目的です。ある程度審査が進んで最終的な確認として在籍確認が行われるので、プロミスから在籍確認の連絡が入った時にはあらかた審査に通過していると考えて良いわけです。
職場への連絡は審査に通過している事が分かると言うメリットがあっても困ると言う人は多いと言えましょう。

工場の中で仕事をしている場合は、ライン仕事などの関係から持ち場を離れる事が出来ないケースもあります。
プロミスはアルバイトやパートなどの仕事をしている人でも申し込みが出来るのが特徴で、パートやアルバイトの仕事の中には工場ワークも多く、仕事中に電話口に出る事が出来ないケースもあります。
また、派遣社員などの場合も、オフィスワークではなく外回りの仕事が多い場合には、社内にいる時間も少ないなどからも連絡が来ても対応が取れない事もあるわけです。
プロミスでは申し込みを行った後に、サポートへの連絡で相談に応じて貰えるようになっています。

在籍確認の方法には目的を達成出来るものであれば良いわけで、現在会社勤めをしている証明書類としてタイムカードの写しやICカードの写し、直近の給料明細書などを事前に送付する事で会社への連絡を免除して貰えるケースもあります。
申し込み後にサポートへの連絡相談の中で、在籍確認が出来る方法を教えてくれるので可能な方法を選んで行えば良いのです。

ちなみに、仕事をしている人の中には夜間勤務のケースもあります。
特に夜10時頃から翌朝8時頃までの仕事をしている場合、在籍確認自体が出来ない事になります。
営業時間内であれば連絡も出来ますが、夜10時から翌朝8時はプロミス側も営業時間外になるわけですから在籍確認が出来ません。
こうした場合でも、勤務先で仕事をしている事を証明出来る書類を準備しておけば種類だけで在籍確認の審査を行って貰えるわけです。

プロミスは在籍確認なしでお金を貸して貰えるチャンスがある消費者金融と言われています。
人によっては電話連絡が入っても対応が取れないケースがあるなどからも、申し込み後のサポートへの相談を行う事で書類の提出のみで在籍確認を完了出来る方法を用意しています。
ちなみに、書類の種類などは相談する事で分かるので連絡を行うのをお勧めします。

プロミスに申し込む