コンビニATMでプロミスを利用するときの注意点

コンビニATMでプロミスを利用するときの注意点

カードローンの利用を検討している人の多くが候補に挙げる「プロミス」は、消費者金融系カードローンの中でも特に有名なカードローン業者です。

大手ゆえにプロミスを利用するメリットはたくさんあるのですが、「便利さ」だけに注目していたのではリスク回避が不十分です。プロミスの便利さを最大限に生かすためにも、「注意点」をよく確認することが大切です。

まずはプロミスの便利さを把握しておく

そもそも「消費者金融系カードローン」は、カードローン商品の中でも非常に利便性が高いものです。カードローンの種類として、消費者金融系のほかに「銀行系」などもありますが、銀行系カードローンは「限度額や金利」の面で優遇されるメリットがありますが、その代わりに消費者金融系カードローンは「即日融資を利用できる」というメリットがあります。

どちらのメリットの方が優れているのかというと、基本的には「金利面で優遇されている銀行系カードローンの方が優れている」と評価して問題はないのですが、それもこれも借りられてこそです。銀行系カードローンは、プロミスのような消費者金融系カードローンと比べて審査基準が高く設定されることが多く、同じ条件で契約できる可能性が変わってしまいます。

せっかく条件が良い銀行系カードローンですが、借りることができなければ何の意味もありません。いかに優れてたカードローンだったとしても絵に描いた餅ではなく、実際に利用することができるかどうかを基準に判断することが非常に大切です。

もちろんプロミスを利用する場合でも審査が行われるため、希望したからといって必ず契約できるとは限りません。しかし、プロミスは市場シェアが非常に広いことなどの理由で基準が緩和されやすく、銀行系カードローンでは審査で落とされてしまうような状態でも契約できる可能性があります。

相対的に審査基準が優遇されやすい消費者金融系カードローンの中でも、より大きな市場を獲得しているからこそできる融通の利いた審査が大きな魅力です。どれだけお金が必要な状況でプロミスに申し込みをするのかは人それぞれですが、「契約できる可能性がある」という希望をどの程度感じられるかどうかが肝心なので、そういった意味ではプロミスは非常に利便性が高いといえます。

審査基準、即日融資、ATM設置場所、無利息特典などのメリットがあることが、プロミスの大きな特徴です。

コンビニATMなら利用できる環境が多い

コンビニ

カードローンを利用する人の多くが「即日融資」を希望していて、より即日融資の可能性が高まる選択肢である消費者金融系カードローンが即日融資に対応しています。即日融資を利用する手段自体にもいくつかの選択肢がありますが、中でも特に多く利用される方法が「コンビニATMを利用して借り入れをする方法」です。

いわゆる「コンビニATM出金」と呼ばれている方法ですが、コンビニATMならば24時間365日いつでも好きなときに借り入れをすることができます。他の方法では時間や曜日などによる制限があることを鑑みると、ほとんど制約がない環境で利用できるからこそコンビニATMを利用する人が多くいます。

たとえば、即日融資を希望している人が選択する可能性のある一連の流れとして、「インターネット申し込み、電話で契約手続きならびに融資手続き、銀行振り込みで借り入れ」があります。この方法は、「来店不要で借り入れができる」という点が最大のメリットですが、その代わりに「銀行振り込みが完了しなければ融資を受けられない」という制約があります。

どういうことかというと、「銀行が振り込みの手続きを完了できる環境でなければ、プロミスが現金の振り込み依頼を銀行に発信することはできますが、実際に現金の移動(振り込み手続き)が完了することができない」ということです。

銀行は基本的に平日しか営業しておらず、なおかつ15時以降は翌営業日扱いでの「振り込み予約」になってしまいます。つまり、土日や平日15時以降にプロミスと契約した場合、融資の方法を銀行振り込みに指定してしまうと即日融資の利用が非常に難しくなってしまうというわけです。この問題を解決する手段はいくつかありますが、特に簡単な選択肢が「コンビニATM」です。

コンビニATMならば、前述した通り利用制限がほとんどないので、「ローンカードさえ持っていれば」いつでも融資を受けられます。

コンビニATMを利用する上での注意点

非常に便利なコンビニATMは、その利便性から多くの即日融資希望者が利用します。また、2回目以降の借り入れや返済時にもコンビニATMを利用する人が非常に多いのですが、「コンビニATMを利用する上での注意点(リスク)」を把握しておかなければ、思わぬ問題を抱えてしまうことになりかねません。

たとえば、コンビニATMを利用するときには「ローンカードが必須」です。自身専用のローンカードを利用することでATM端末を操作することができるため、ローンカードを持っていなければATM端末を操作すること自体ができません。つまり、この状態では融資を受けることができないため、契約直後にローンカードを受け取る前に利用しようとしても無理です。

たとえば、契約までの手順に関しては何でも好きなものを選択することができますが、契約完了後に「窓口や自動契約機」まで出向いてローンカードを受け取ることが必要です。あくまでもコンビニATMを利用する場合に限った話で、銀行振り込みでの即日融資に間に合う時間帯ならばそのまま来店不要で完結させることができます。

ただ、時間外や土日祝日などに即日融資を希望する場合には、どこかのタイミングで来店をすることが必要です。来店をすることで人目に付くリスクが生じるため、バレることに強く抵抗を感じている人は要注意です。来店する店舗は特に問わないので、可能であれば自宅や生活圏内から離れた場所にある店舗まで行ってローンカードを受け取ることもできます。

一度ローンカードを受取ってしまえば後は何の問題もありませんが、初回利用時に限ってはローンカードを手に入れるための手間が必要なことをよく覚えておく必要がある他、「コンビニATMを利用する場合には手数料が発生する可能性がある」ということにも注意が必要です。プロミスの場合、手数料が発生するATM端末と発生しないATM端末があるので、あらかじめよく確認しておきましょう。

余計なリスクを回避してカードローンを利用することが重要

「お金を借りたい」という状況において、カードローンは非常に便利な手段です。特に、消費者金融系カードローンならば銀行系カードローンと比べて審査基準が優遇されやすいため、自身の状態(属性)に自信がない人でも十分にお金を借りられる可能性があります。融資基準が高い選択肢ほど利用中のメリットは大きいですが、それもこれも「借りられた場合」の話に過ぎません。

如何に優れた契約内容が期待でいる選択肢だったとしても、実際にその選択肢を利用することができなければ何の意味もありません。実際に利用可能な選択肢の中で最も優遇される選択肢を選ぶことこそが大切です。そういった意味では、プロミスを選ぶという判断は非常に賢明なものになる可能性が高いです。

お金が必要な状況では、「借りる」という結果ありきの選択肢を選んでしまうことも少なくありません。たしかに、お金が必要な状態なので借りられることはとても重要ですが、「借りたお金を返せなくなってしまった場合のリスク」の方が圧倒的に重要です。

たとえば、1万円を借りるだけの目的でカードローンを利用するのであれば、細かな要素をすべて無視してしまっても問題が起こらない可能性が高いです。しかし、10万円以上のお金を借りる場合など、返済に数か月を要する状況では「確実に返すことができるのか」を事前に判断することの方が重要です。

必要だからというだけでお金を借りてしまって返せなくなった場合、その事実(情報)はすべて信用情報機関が把握します。カードローンを含む「ローン審査」では、ほぼ確実に信用情報機関の情報を参照して結果を検討するため、ネガティブな情報が登録してある場合は審査で否決される可能性が大幅に高まってしまいます。

必要なお金を手に入れたい気持ちは最もですが、カードローンを利用するうえで重要なことは「できる限り少ないリスクで利用するための計画を立てること」です。

数ある選択肢の中でも、非常に優先度が高い選択肢といっても過言ではなく「プロミス」ですが、使い勝手が良いなどの魅力だけに目を向けていたのでは不十分です。メリットがあるということはデメリットもあるということをしっかりと意識し、想定し得るリスクをすべて解消するような気持ちで準備を整えてから申し込むことが重要です。

プロミスに申し込む