即日に融資が可能で利用しやすいプロミス

即日に融資が可能で利用しやすいプロミス

たくさんの金融機関がありそれぞれがカードローンを提供していますので、選ぶときな悩んでしまうことが多いです。そんなときにこそ利用しやすいのがプロミスです。多くの人が求めている即日融資にも長けていますので、お金に困り借りたい人におすすめできる消費者金融になっています。なぜ適しているのかをもっと詳しく見ていきましょう。

消費者金融のなかでも金利が低い

即日に融資ができる環境が整っていることを強調するべきなのがプロミスになりますが、そのような環境を提供してる消費者金融というのは、金利が高いのがデメリットになっています。それを少なくしてくれるのもプロミスです。利息制限法の関係から20%の金利からスタートするのが基本になっていますが、大手のほとんどが18%と設定しています。しかしこの消費者金融は異なっています。

17.8%から提供をしていますので、大手の消費者金融より少なくなっていることがわかるでしょう。これだけでも大きなメリットになります。たった0.2%の違いになっていますが、金利というのはなるたけ少なくなっている方が利用者にとっては良いのが基本です。金利が低い貸金業者こそ、総額の支払いが少なくなるのが基本ですので、0.2%しか違いがないとしてもこの差を甘く見てはいけません。消費者金融自体が高い金利を設定していますので、なるたけ低い業者を利用するのが基本です。

なぜ消費者金融が高い金利で提供をしているのかを知っておくと、納得したうえで利用することができるでしょう。まず借りやすさがあげられます。銀行カードローンも保証会社として消費者金融がバックについていることから借りやすい環境が整っていますが、それでも申し込みからキャッシングまでのスピードが速く、審査も柔軟性を感じることがあります。

もちろんプロミスにそった審査基準にクリアする必要がありますが、働いている人で毎月安定した収入を得ている人であればそれほど審査で問題になることはありません。正社員ではなくアルバイトの方も利用できますので、フリーターや学生も利用いしやすい環境が整っています。

キャッシングがしやすいのも消費者金融です。コンビニATMは手数料が掛かってしまいますが、どこにでもありますので、使いやすい環境にあると言えるでしょう。このようなことから金利が高くなっていると解釈してください。

即日にお金が必要なときに使いやすい

通帳を見て悩む男性
その日にキャッシングを利用したい人もいるでしょう。そのような方にこそ即日融資ができる貸金業者は大きなメリットがあります。もちろんプロミスも融資が可能になっていますので、選択肢に入れることが可能です。この消費者金融にはいくつかの即日融資ができる環境が整っていますので、自分に該当した方法で利用することをおすすめします。

もっとも利用しやすいのが銀行口座を使った方法です。ただし平日の15時以降、土日祝日になると反映されるのが翌営業日になるのが通常の銀行ですので、なるたけ早めに契約を終わらせるようにしておきましょう。ただしジャパンネット銀行と三井住友銀行であれば、その限りではありません。

この2行になると即反映が可能になります。もちろん平日の15時を過ぎても、土日祝日であっても振込が可能になりますので、こちらの銀行口座を持っているのであれば、なにもその時間を守る必要はありません。プロミスの営業時間内であれば契約が可能になっていますので、好きな時間帯に申込をすると良いでしょう。

自動契約機を使った方法もおすすめです。プロミスの営業時間内であれば、いつでも利用することができますので、使いやすい即日融資の方法になるでしょう。しかも全国各地に店舗がありますので、環境が整っています。こちらであれば即時反映する口座を持っていないでも、その場でカードを受け取ることができますので、すぐにキャッシングが可能になります。

ただし消費者金融の店舗に入らなければいけません。多くの方が消費者金融の店舗に入ることにためらいを感じてしまうことが多いです。プロミス側もなるたけそのような抵抗感を覚えないように工夫をした設計していますが、こればかりは仕方がありません。即時反映の口座を持っておらず、平日15時を過ぎた場合と土日祝日にキャッシングをしたいのであれば、自動契約機を使ったキャッシングがおすすめになっています。

キャッシングが可能になってから使いやすいプロミス

即日融資に長けている消費者金融がプロミスになることがわかったはずですが、それ以外にも見落としてはいけないメリットがありますので、知っておくようにしましょう。契約を締結してから利用しやすいのもプロミスの特徴になっています。それはキャッシングからもわかります。

キャッシング方法としてカードを使った方法がありますが、コンビニでも利用することができます。初めて契約をした人にとってみれば、プロミスの店舗にある店舗しか利用できないように感じることもありますが、そのようなことはありません。いろんなところにあるコンビニでも利用することができるようになっていますので、とても便利になるでしょう。

ただしこの場合注意してほしいことがあります。コンビニで利用する場合、手数料が掛かることを知っておきましょう。1万円未満になると108円、それ以上になると216円掛かります。これは返済でも手数料は発生しますので、気を付けてください。積み重なることによって大きな負担になりますので、あとでびっくりすることがないようにしっかりと把握をしておきましょう。

振込ももちろん可能です。先ほど紹介したジャパンネット銀行や三井住友銀行であれば、平日の15時を過ぎても、土日祝日であっても即時に反応されますので、待たされることがありません。それ以外の銀行口座になると、翌営業日の確認になりキャッシングをすることができませんので気を付けておきましょう。振込は手数料が無料になっていますので、使いやすいキャッシング方法です。

またカードを所有しない利用方法があるのもプロミスです。こちらはWEBだけで契約が締結する方法になっており、カードを含めた郵便物が自宅に届きませんので、いろいろとメリットがあります。家族に内緒で利用したい人もいるでしょう。カードなしの利用になると、口座へ振り込みになりますので、なるたけ即時反映される口座を持っておくことをおすすめします。

総合的に利用しやすい環境が整っている

契約方法からキャッシングを見てみても、とても利用しやすい消費者金融がプロミスであることがわかったはずです。お金を借りた場合返済をするのが義務になりますので、その方法についても知っておきましょう。こちらはキャッシングと同じと考えて構いません。どこにでもあるコンビニATMを使って返済をすることが可能です。ただしその場合、キャッシング同様に手数料が掛かります。返済になると毎月行わないといけませんので、その分負担が増えることになるでしょう。だからこそ手数料が掛かりにくい方法を模索するようにしましょう。

その方法としてプロミスの機能でおすすめできるのが、ネットバンキングを使った方法です。手数料が無料になりますし、即日即時に反映されますので安心して利用することができます。いろんなネットバンキングを利用できますので、銀行側と契約をしておきましょう。ジャパンネット銀行になるとネットバンキングは付いていますので、こちらは利用しやすくなります。

他に考えられる方法は振替です。こちらはキャッシングと違って、いろんな銀行口座を利用できますので扱いやすくなるでしょう。もちろん手数料が無料になっています。振替というと勝手に行われますので、返済日を忘れたということが少なくなります。もちろん口座にお金が入っていることが前提になりますが、忘れっぽい人こそ振替で返済を行うと心配することが少なくなるでしょう。

なるたけなら返済は遅れない方が良いのは貸金業者の基本になっています。たった1回だけのミスでこのようなことが起こることは少ないですが、それが何度も続くようであればキャッシング機能を奪われてしまうことがありますので気を付けておきましょう。そうなると返済しかできなくなります。このようなことがないように、返済については十分気を付けてください。それと一緒に金額が足りなくなるようなことがないために、借り過ぎにも気をつけましょう。

即日にお金が必要になる人にとって、融資ができる環境が整っている金融機関というのはとても扱いやすいです。ただし銀行カードローンになると選択肢が狭まってしまうのが難点でもあります。そこで注目してほしいのがプロミスです。いろんな場所で契約を締結することができます。それだけではなく契約後も使いやすい消費者金融になっています。

プロミスに申し込む