プロミスの審査を攻略するコツは「理解を深める」こと

プロミスの審査を攻略するコツ

さまざまな理由で「プロミス」(カードローン)を利用することになりますが、特に重要度が高い状況で申し込みをする場合には、いかに審査で否決されるリスクを少なくできるのかがポイントです。さまざまな理由がありますが、それらをよく理解してリスクを回避することができれば、期待している結果に近づくことができます。

プロミスの審査基準とは?

プロミスに限定しませんが、カードローンを利用するときには必ず「審査」が行われます。一応、カードローンの中には「審査なし」で利用できるものもありますが、そういったカードローンの多くは「闇金」と呼ばれる悪質、違法な貸金業者である可能性が高いため、極力利用しない方が賢明です。

必ず審査が行われるということは、プロミスを利用したいならばまずこの関門を突破することが求められます。審査ではさまざまな要素が評価対象となりますが、個別の項目と評価はカードローン業者によって異なります。あるカードローン業者は基準が低く設定されているが、別のカードローン業者は基準が高く設定されているといった違いがあります。

では、プロミスはどのような基準を採用しているのかというと、「良くも悪くも平均的」です。プロミスはカードローン業者の中では特に有名で、業界をけん引しているカードローン業者の一つです。大手だからということではありませんが、特殊な基準を採用しているわけではないからこそ多くの利用者が選択しているという状況もあります。

プロミスが指定してる最低限度の申し込み基準は、「満20歳以上」「本人に安定した収入がある」という2点だけです。もちろん、この2点の条件をクリアしていれば誰もがプロミスを契約することができるというわけではありませんが、これらの条件を満たしていればプロミスで審査を受けることができます。後は、本審査の中でプロミスが「融資をしても良い」という判断を下せば良いだけです。

平均的な基準を採用しているといっても、同じ条件ならば全員が契約できるというわけではありません。ほとんど変わらない条件で申し込みをしているにもかかわらず結果に違いが出る可能性もあるので、事前に自分と同じような状況で申し込みをした人がどのような結果になったのかを確認しておくと安心できます。また、否決されてしまった人の状況も把握しておくと効果的です。

カードローン審査で評価される項目

チェックリスト
プロミスをはじめ、カードローン業者と契約するための審査で評価される項目はある程度共通しています。具体的にどのような項目があるのかというと、例えば「年収」「年齢」「勤続年数」「役職」「借金の種類」「借金の金額」などがあります。

具体的な項目自体は変動する可能性もありますが、要は「お金を貸した場合にはちゃんと返してくれる人なのかどうか」を考えた場合に信用できるかどうかという話です。もし、100万円を貸して欲しいと言ってきた人の年収が100万円ならば、返済できないとは言わないまでも完済するまでに非常に長い時間がかかってしまうことが予想できます。

また、年収100万円で安定した生活ができるのかどうかも危ういレベルなので、客観的に状況を判断して「返済できなくなってしまうリスクが高い」と判断できます。ということは、プロミスにとってお金を貸すことのメリットがなくなってしまうので、審査で否決するという判断になる可能性が高いです。

もちろん、同じような状況でも問題なく契約できる場合もあるので一概には言い切れません。ただ、可能性の問題で結果を判断するのであれば、「年収が低い」といった返済能力に疑問符が付いてしまうような状況が多ければ多いほど良くない結果になる可能性が高まります。逆に、十分な返済能力を有していると判断できる項目が多ければ多いほど、良い結果になる可能性が高くなります。

年収は多ければ多いほど良い評価につながりますが、年収だけで結果が決まるわけではありません。もし、年収が1000万円あったとしても、借金が1億円あれば年収300万円でも借金がない人の方が返済能力は高いと判断することもあります。要は、相対的に見てどの程度の返済能力と返済をすることに対する信用を得られるのかが結果を左右する重要なポイントになるということです。また、「信用情報機関に登録されている情報」も非常に大きな判断要素になります。

信用情報機関の役割とは?

プロミスが審査を行う場合、まずは「信用情報機関に登録されている本人の情報」を照会することから始めます。必ずしも審査開始直後に情報照会を行うとは限りませんが、本格的な審査を始める前に信用情報機関に登録されている情報を参考にすることは確かです。

なぜ、まずは信用情報機関に登録されている情報を参照するのかというと、「過去の利用履歴を確認できるから」です。信用情報機関には、その人がこれまでに利用してきたローンの利用履歴がすべて登録されています。たとえば、過去にカードローンを利用したことがあればその情報が残っていて、情報照会を行うことで内容を確認できます。

また、カードローン以外にもクレジットカードを利用した履歴や銀行などで目的ローンを利用した履歴なども確認できるので、その人が利用してきたローンと利用履歴を照会することができるわけです。ここでは、「ローン契約をした年月日」「契約先」「金額」「返済状況」「状態(返済中、完済済みなど)」などの情報を確認できます。

たとえば、プロミスとの契約を申し込んできた人物の信用情報を照会した際、「現在利用中のローンが他に3件ある」と確認できた場合には、4件目の契約になるので返済できなくなってしまうリスクが高いのではないかという予想ができます。もちろん、その人の年収と債務総額のバランスによるので一概には決まりませんが、「多重債務」はカードローン業者が嫌う最たる状態です。

また、プロミスは「総量規制対象のカードローン」なので、申し込み者の年収によって貸し出すことができる金額に上限があります。この上限は1つのカードローン業者ごとに設定されるものではなく、すべての総量規制対象の債務に関係するため、多重債務状態では貸し出しの余裕がない可能性もあります。

信用情報機関にはそういった情報もすべて登録されているので、本人が偽った情報を提供していたとしても事実を確認することができます。これにより、リスクの高い契約を回避できるわけです。

基本的な契約までの流れと即日融資を利用するコツ

プロミスに申し込みをする方法にはいくつかの選択肢がありますが、たとえば「インターネット申し込み」を利用すれば、来店不要かついつでも申し込み手続きを行うことができるのでとても便利です。カードローンを利用する人の多くは、「来店したくない」「契約を周囲に知られたくない」といった希望を持っているため、プロミスのような特徴があるカードローンは特に人気があります。

パソコンやスマートフォンなどから申し込みを行うと、プロミスの審査開始時間に合わせて審査が始まります。審査時間はおおよそ30分~1時間程度が一般的ですが、状況によっては半日以上~1日程度かかる可能性もあります。終了後は電話またはメールで結果が通知され、見事に審査を突破することができれば契約手続き、融資実行と進んでいきます。

インターネット申し込みのほかにも、来店不要で利用できる選択肢としては「電話申し込み」もありますが、基本的な流れは同じです。ただ、「来店申し込み」を利用する場合は手順が大きく変わる可能性もあります。来店申し込みは「来店をする」ことによって手間が増えるだけでなく、誰かの目に触れるリスクが高まります。しかし、その代わりに「即日融資」を利用したい時には便利です。

即日融資は、多くのカードローン利用者が期待しているサービスですが、来店不要申し込みでは時間的な制限が非常に大きな問題になります。来店不要申し込みで融資を受ける場合、ほとんどが「銀行振り込み」を利用することになりますが、銀行振り込みは即時完了するための条件がたくさんあります。そのため、状況次第では翌日以降になることが確実となる可能性があります。

もし、そういった状況で即日融資を希望するのであれば、申し込みの段階から来店申し込みを利用するか、もしくはプロミスと契約が完了した段階で来店してローンカードを発行してATMでお金を引き出すといった方法を選択すると実現しやすくなります。

プロミスは、カードローン業界の中で非常に大きなシェアを持っています。多くの利用者がいるということは、それだけ大きな資金力を持っていることになるので「融資を行える対象の幅が広い」ということになります。要は、「契約できる可能性が高い」と判断できるわけですが、無条件に契約できるわけではないので「準備」が必要です。

プロミスに申し込む