土日の申し込みは「目的」に応じてプロミスを使い分ける

土日に申し込む

プロミスといえば、消費者金融系カードローンの中でも非常に人気のある選択肢です。連日、テレビCMでもプロミスの名前を聞かないことはないといっても過言ではないほどのPR活動を行っていますが、そういった知名度も影響してか「カードローンを利用するならばプロミス」と考えている人もたくさんいます。特に即日融資は人気のサービスですが、「土日など注意しなければいけない状況」があることは知る必要があります。

そもそもプロミスは即日融資で利用することができるのか

プロミスは、「消費者金融系カードローン」の中では非常に有名な会社です。冒頭でも書いている通り、テレビCMでも良く目にすることで知名度も非常に高いですが、「カードローンとは何か」を理解していないと不必要なリスクを負うことにもなり兼ねないので注意が必要です。

「そもそもカードローンとは」というと、簡単に言ってしまえば「無担保、無利息でお金を借りることができる選択肢」です。ただ、カードローンには「消費者金融系」のほかに「銀行系」があるので、このうちどちらを利用するのかで特徴がまったく変わってしまいます。より大きなメリットが期待できる選択肢は銀行系ですが、プロミスのような消費者金融系にも多くの魅力があります。

銀行系と消費者金融系の大きな違いは、「金利設定」と「即日融資の可能性」です。即日融資の可能性に関しては銀行系ももちろんありますが、消費者金融系ならば「ほぼ確実」に即日融資を選択できるという魅力があります。ただし、即日融資のようなスピーディーな対応は消費者金融系に軍配が上がりますが、代わりに利用中のリスク回避という意味では銀行系が圧倒的に優れています。

「金利」「限度額設定」「月々の返済金額」などの要素に限定して考える場合には、ほとんどの消費者金融系カードローンは条件的に劣ってしまいます。カードローンを厳選する上で非常に重要な要素であることに違いはありませんが、仮にこういった基本的な条件で劣ってしまっていたとしても「借りられるかどうか」という根幹にかかわる部分で比較する場合には逆転する可能性もあります。

プロミスは消費者金融系カードローンなので、当然のように土日を含む即日融資に対応しています。これによって「必要なときに借りられる」というメリットが生まれるわけですが、土日祝日に即日融資を希望する場合には、「具体的にどのような方法で手続きを進めるのか」が大きく関係しています。

土日祝日の即日融資は「申し込み方法」「融資方法」の選択が肝

プロミスは即日融資に対応していカードローンですが、即日融資を実現するためには2つの基準を満たしている必要があります。まずは「審査に受かる」ということで、もう一つは「状況に応じた適切な選択をする」ということです。

そもそも、プロミスからお金を借りる場合には審査を突破する必要があります。もし、審査で否決されてしまった場合には融資が実行されないため、即日融資以前の話になってしまいます。審査を受け、無事に審査を突破することができてこそ即日融資の可能性が生まれる以上、まずは「如何にして審査を突破するのか」を考えることが非常に大切です。

まずは審査突破に関してできる限りの対策を講じ、少しでも契約(審査突破)の可能性を高めた状態で申し込みをするようにし、見事に審査を通過することができた場合には「即日融資を実現するために最善の方法を選択する」ということにシフトチェンジする方法が効率的です。

とは言え、せっかく審査を突破しても即日融資の可能性がなくなっていては意味がないので、申し込みの時点から可能性を見据えた選択をすることが大切です。その際ポイントになるのは、「申し込みの方法」と「融資の方法」です。

プロミスに申し込みをする方法は、「電話」「インターネット」「来店」などの選択肢から自由に選ぶことができます。これらの選択肢はそれぞれ違った特徴がありますが、「来店不要で契約をする」という目的がある場合には「電話もしくはインターネット」に選択肢が限定されてしまいます。その代わり、「融資スピード」という点で言えば「来店」が優遇されるといった違いがあります。

申し込み方法を検討するうえで重要なことは、「どういう状況で申し込むのか」です。たとえば、平日昼間に即日融資を希望して申し込む場合ならば選択肢を問いませんが、平日でも夕方以降に申し込みを行う場合には「来店」の方が即日融資の可能性が高くなります。

土日でも即日融資を実現するためのポイント

お財布
申し込み方法と融資の方法の選択如何によっては即日融資の可能性が変動するのですが、土日でも目的を達成する為にはポイントを押さえておく必要があります。知っていればリスクを回避できる可能性がありますが、知らなければリスクがあることすら把握できない可能性が高いので、必ず基礎知識として身に付けておく必要があります。

土日にプロミスを即日融資で利用したい場合には、「ローンカードを受け取る」ということが大きなポイントです。たとえば、来店不要で契約手続きを完了することができる「電話申し込み、インターネット申し込み」は、誰にも知られることなく契約が結べるという点で非常に便利な方法です。しかし、契約後に融資を利用する方法が「銀行振り込み」に限定されてしまいます。

あくまでも来店不要を優先する場合、契約後に指定する銀行口座に振り込みで現金を送ってもらうことで「カードローンを利用した借金だとバレないお金」を手にすることができます。振り込み手続きまで完了してしまえば、人前で出金することになったとしても「自分の銀行口座からの引き出し」という形になるため、そのお金が借金で得たものだとは分かりません。

しかし、銀行振り込みは「平日15時まで」に銀行側での処理が完了しなければいけないため、土日に利用する場合は「確実に翌日以降の入金」になってしまいます。つまり、土日に銀行振り込みで融資を受けようとする場合には即日融資が受けられなくなってしまうということです。

土日に即日融資を希望する場合に銀行振り込みが選択できないということは、必然的に「ローンカードを利用して引き出す」という方法に変えざるを得なくなります。ATM出金ならば土日でも問題なく即日融資を実現することができますが、この方法を利用するためには「ローンカード」が必要になるため、来店してローンカードを受け取るということが必須条件になってしまいます。

最終的にローンカードが手に入れば即日融資を利用できる

ローンカードを受け取るためには、「窓口」に来店する必要があります。有人店舗の窓口か無人店舗の窓口(自動契約機)のいずれかを選択することができますが、少なくとも「来店不要で即日融資を利用する」ということは実現できないことを理解する必要があります。

カードローンを利用すること自体、最近では決して珍しいものではなくなってきています。以前ならば、「カードローンを利用することは恥ずかしいこと」というような偏見を持っている人がたくさんいましたが、最近ではそういった偏見も随分となくなってきているので心配する必要も減っています。

しかし、依然としてカードローンに対する偏見を持っている人がいるだけでなく、「借金をする」と言うこと自体にネガティブな印象を持っている人がたくさんいるので、「誰にも知られたくない」というニーズが非常に大きい状態です。

カードローンを利用することを誰に知られても問題ないと考えている人にとっては何の問題もありませんが、「誰にも知られずにカードローンを利用したい」というニーズを持っている人にとっては「来店」という行為自体が非常に大きな問題だと感じられる可能性があります。しかし、土日の即日融資はローンカードが必須である以上、何とかして来店してカードを受け取る必要があります。

最も簡単な方法は、審査申し込みの段階から窓口を利用する方法です。有人、無人の違いはありますが、窓口で審査申し込みや契約手続きを行えば「その場でカードを受け取ることができる」ので即日融資を実現しやすくなります。

もし、人と直接接しながら手続きを行うことに抵抗を感じるのであれば無人契約機という選択肢もありますが、「初めてで何かと不安がある」ということならば有人店舗を利用する方法が効果的です。有人店舗ならば、不安や疑問を直接解消することができるので、しっかりと細かい部分まで納得しながら契約手続きを進めることができます。

いつでもどこでも申し込み手続きを行うことができる「電話またはインターネット申し込み」は、非常に便利ですが土日祝日などの特定の状況では可能性が限定されるデメリットがあります。その点、「来店申し込み」は人目に付いてしまうなどのリスクがある反面、曜日や時間帯に関係なく「利用できさえすれば即日融資の可能性がある」というメリットがあります。

プロミスに申し込む