最短即日審査で利用が開始できるプロミスは、銀行の契約があると返済も便利

最短即日審査

カードローンで有名な「プロミス」は会社名ではありません。

プロミスを提供している会社はSMBCコンシューマーファイナンスという会社で、三井住友銀行グループの一員です。消費者金融大手のため、サービスの質にも定評があり、安心して契約をすることができます。対応速度も非常に速いため、条件さえクリアできればその日のうちに融資をしてもらうことも可能です。

契約方法と審査の手順

プロミスでは郵送による申し込み、Web、店頭、自動契約機などの申し込み手段を用意しています。

自分の都合に合わせて申し込みをすることができますが、申し込み方法によっては契約完了までの時間に差が出てきます。

この中で最も早いのが、Webから申し込みをし、発行されるカードを店頭や自動契約機で受け取る方法です。しかし店頭窓口はそれほど多く存在しているわけではありません。多くの人は三井住友銀行内にある自動契約機を利用すると便利でしょう。最初から店頭窓口や自動契約機で申し込みをする方法もありますが、審査結果が出る間待たなくてはなりませんし、窓口や自動契約機には営業時間があります。24時間受付をしてくれているWebが便利というわけです。

審査の詳細

審査は2部構成で行われます。まず申込内容をもとに仮審査が行われ、契約可能となった場合に本審査が行われます。

仮審査では申込書に書かれている年収や勤続年数、他社借り入れ状況などを参考に会社の基準で点数をつけていく「スコアリング」が行われます。一定のスコアを獲得することができた人が次のステップに進むことができます。

プロミスは消費者金融ですので、貸金業法の総量規制の対象になっています。この法律では年収の3分の1以上の貸付が禁止されているため、もし他社に借り入れがあり、年収の3分の1を超えてしまう場合は例外を除いて契約ができません。

ただし銀行からの借り入れについては除外されているため、借入先が銀行の場合はプロミスでも契約ができる可能性があります。

本審査では借入意志の確認、在籍確認、本人確認が行われます。在籍確認は申込書に書かれている職場へ電話連絡をし、本当に在籍しているのかを確認します。これは年収の裏付けになる大事な確認作業ですので、基本的には省くことができません。もし現在無職の場合は契約することができませんので、近々会社を辞めるような人でも、必ず仕事をしている間に契約をしましょう。

プロミスを即日利用するために必要な条件

砂時計

プロミスは最短即日融資が可能な金融機関ですが、その日のうちに融資をしてもらうためには一定の条件を満たす必要があります。まず融資の方法が振り込みのケースと、カードを受け取ってATMから借り入れをする場合で変わってきます。

振り込み融資を利用する場合でも、三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座を持っているか持っていないかで変わってきます。

三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座がある場合は、「瞬フリ」というサービスの利用が可能です。これは土日や祝日でも、24時間すぐに着金するサービスです。このサービスの利用が可能であれば、営業時間内に契約が完了すればよいため、猶予がかなり伸びることになります。
この2行の口座を持っていない人は、平日の15時までに契約と振込融資の依頼を出さなくてはなりません。手続きに時間がかかることも考慮すると、14時までには契約を終えておいたほうが良いでしょう。
そして審査にも時間がかかりますので、申し込み手続きは午前中に終えておく必要があります。

また、在籍確認をその日のうちに終わらせなくてはならないため、会社に誰も人がいないような日に申し込みをしてしまうと、即日融資が難しくなります。特に定休日のある職場に勤めている人は、申し込みをするタイミングを考えなくてはなりません。

カードを発券してもらう人は、振込融資と比較すると猶予が伸びます。こちらも当日中にカードが発券できれば借り入れができます。自動契約機は場所によって営業時間が異なりますが、22時まで営業しているところがあります。日中すべての審査を終わらせ、仕事帰りに自動契約機でカードを受け取ることができれば、発券されたカードで借り入れができるでしょう。

申込書に不備があると契約完了までに時間がかかってしまいます。特に注意が必要なのは電話番号です。連絡が取れなくなってしまうのが一番のタイムロスですので、申込書は見直しをしてから提出するようにしましょう。

気になる在籍確認って何をするの?

お金を借りる上で多くの人が心配をするのが、周りの人に借金がバレてしまわないかどうかです。その中でも会社に連絡の入る在籍確認を心配する人が多く、在籍確認なしで借り入れができないか考えるものです。かつては給料明細や会社発行の保険証の提示で在籍確認をパスしてくれていましたが、最近のプロミスでは在籍確認は必須の審査とされているため、電話連絡なしでパスすることは難しいと考えておきましょう。

会社側もそうした利用者の心情には十分配慮しているため、電話連絡は個人名でかけてきてくれます。会社名を名乗られてバレる心配はありません。
また、本人が不在の場合でも会社に勤めていることさえわかれば審査が進むため、「ただいま外出中です」「本日はお休みです」のように、勤めていることがわかるような文言が聞ければ審査が完了します。
ただしお休みの場合は次の出勤日を聞かれることもあります。長期休暇を取っている場合は無職として扱われることもありますので注意しましょう。

本人が電話に出てももちろん審査は進みます。ただし本人確認のために、生年月日や住所を聞かれる場合があります。
かかってきた電話口で突然生年月日や住所を言い出したら、もしかしたら何かの契約の審査かと勘づく人もいるかもしれません。周りにバレずに在籍確認を終わらせたいのであれば、実は本人不在のときにかけてきてもらうのが一番良いのです。本人不在のときの電話でも、誰なのか聞いてくる面倒な同僚もいるかもしれません。何か聞かれたときのために言い訳を考えておくのも良いでしょう。こうした審査はクレジットカードのときにも行われますので、クレジットカードの審査だったというのが大きな嘘にはならず、一番気持ち的にも楽かもしれません。

この審査まで完了すれば、そのまま契約完了となるケースがほとんどです。プロミスの場合、郵送物も「事務センター」という名称で送ってきてくれますので、郵便が届いた場合でも家族にバレる危険性は低いでしょう。

気になる返済方法は?

お金を借りたら返済をしなくてはなりません。プロミスの場合は毎月5日、15日、25日、月末の中から自分の都合に合わせて返済日を指定することができます。発生している利息分の支払いさえ済ませれば、途中で返済日を変えることも可能です。
返済方法も複数用意されており、窓口、ATM、インターネットバンキングからの支払い、振込を利用することができます。ATMを利用する場合は三井住友銀行は無料で利用できますが、コンビニでは利用金額によって手数料が発生してしまいます。インターネットバンキングの場合は無料で利用することができるので、手数料を抑えるために上手に活用すると良いでしょう。

対応している金融機関は、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行があります。このうち三井住友銀行とジャパンネット銀行はプロミスとの相性が非常によく、瞬フリが使えるようになる点を考慮すると、口座を作っておいて損はしないでしょう。

返済額は利用残高によって変わってくる、残高スライドリボルビング方式です。一部返済、全額返済、金額指定返済を選択することができますが、毎月の返済額は一部返済として取り扱われています。発生している利息分だけでも返済をすれば、その月の返済が完了になりますので、返済が厳しい場合は早めに手続きをし、利息が少ない間に返済を済ませておくと良いでしょう。ただし締め日前の返済は随時返済として扱われてしまい、翌月返済が必要になるので注意が必要です。インターネットからの手続きでは1円単位で金額を指定することができます。

長期間利用を続けて信用がついてくると金利の引き下げや限度額アップの交渉も可能になります。通常のカードローンの場合は最大で年収の3分の1まで、自営業者向けのローンの場合は総量規制対象外ですので、年収に関係なく信用によって限度額を設定してもらうことができます。

プロミスは知名度も高く、サービスの質にも定評があります。通常カードローンを利用してもクレジットカードのようにポイントはつきませんが、プロミスの場合はポイント制度が導入されており、ポイントを利用して一定期間利息を発生しないようにすることも可能です。利用手段も豊富に用意されていますので、全国で不自由なく利用することができるでしょう。

プロミスに申し込む