プロミスの審査は本当に甘いの?

プロミスの審査は本当に甘いの?

大手消費者金融と言われているプロミスは大手の会社の中でも審査が甘いと言われています。
小さな消費者金融などの場合、知名度が低いなどからも、審査が甘いケースは多いのですが、大手の消費者金融の場合でもプロミスのように柔軟な対応をしてくれるケースは多いのです。
但し、金融事故などの情報が個人信用情報に記録が行われている場合には、審査が甘いと言われているプロミスでも融資を受ける事は出来ません。

プロミスは銀行系消費者金融です

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社がサービスブランドとして利用している消費者金融です。
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は従来のプロミスと呼ぶ消費者金融の社名変更を行った企業であり、この会社は株式会社三井住友フィナンシャルグループの完全子会社です。
株式会社三井住友フィナンシャルグループは三井住友銀行をグループに持つと同時に、プロミスのサービスブランドを持つSMBCコンシューマーファイナンス株式会社、SMBCフレンド証券や三井住友カード株式会社などの大手企業を傘下においている大企業です。
プロミスの公式サイトにアクセスを行った際に、三井住友銀行グループと記載があるのは、こうした構成になっているからです。

また、プロミスは銀行系消費者金融とも言われています。
銀行系消費者金融は大手の消費者金融に多くあるのが特徴で、プロミスには金融業者としての役割の他にも信用保証業務を担う役割を持っています。
三井住友銀行のカードローンの信用保証を担っているのがSMBCコンシューマーファイナンス株式会社で、カードローンの申し込みを行った時の審査は、三井住友銀行とSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の両社により行われる事になります。

大手の消費者金融ではありますが、プロミスの審査は比較的甘い、緩めなどの評判もありますが、柔軟な対応をしてくれるなどの意味であり、ブラックの状態になっている人、既に借入上限を超えている場合などでは審査に甘いと言う事はありません。

例えば、プロミスは総量規制の対象になるため、他社からの借入を持つ場合は、借入総額と申し込み額の合計は年収の3分の1未満にしておく必要があります。
仮に、借金が100万円ある場合、年収が300万円の人は申し込み可能額は0円になるわけです。
こうした状況下では甘いと言われているプロミスでも審査に通過する事は出来ませんので注意が必要です。

銀行のような預金業務がありません

銀行と消費者金融の業務を比較した時、銀行には預金機能があります。
預金機能とは普通預金口座を設けて自動引き落としで利用する、定期預金を利用して貯蓄を行い、利息を得るなどのメリットを持つものです。
給料の振り込み先として金融機関に普通預金口座を持つ人は多いわけですが、こうした機能は消費者金融にはありません。

また、銀行のカードローンは返済用口座が必要になるケースが多く、既に普通預金口座を持っている場合には問題ありませんが、預金口座を持っていない場合には口座を作らなければカードローンの利用が出来ないケースも少なくありません。
プロミスの場合は預金機能自体がないので、こうした制限もなく申し込みが出来るメリットを持っています。
ちなみに、プロミスの場合は融資を受けるお金は既に所有している銀行の普通預金口座に振り込みを行ってくれます。
銀行により受付時間が異なりますが、三井住友銀行やジャンネット銀行などに普通預金口座を持っている場合、夜間の振り込みも可能にしているなどのメリットもあります。

借入先の預金口座が要らないなども審査が甘いと言われている要因の一つも言えますが、甘いと言われている中には、勤続年数や前年度の年収における制限がない事も理由と言えましょう。
例えば、銀行のカードローンの中には低金利ローンも数多くありますが、こうしたローンは前年度の年収が400万円を超えていないと申し込みが出来ない、さらに同じ会社に4年以上勤務していないと申し込めないなど、申し込み条件が厳しいケースもあります。

プロミスは、アルバイトやパートなどで収入を持っている人で、年齢が20歳以上69歳以下、安定継続収入が認められた場合、学生さんや主婦も申し込みが出来るなど、申し込み条件が甘いなどの特徴もあります。
一般的に、小さな消費者金融などは知名度が低いなどからも、柔軟な対応をする会社が多いのですが、大手の消費者金融のプロミスについても一定の条件を満たしていれば柔軟な対応を行ってくれます。

個人信用情報を利用して審査が行われます

クレジットカード

プロミスの申し込みはパソコンを初め、スマートホンや携帯電話などのネット申し込みが便利です。
ネット申し込みは24時間、365日いつでも受付しており、契約方法にはウェブと来店の選択が出来るようになっています。

また、簡単入力で申し込みを行った場合は、入力内容で一次審査を行ってくれるようになっています。
ちなみに、簡単入力の場合は、一次審査完了後に電話連絡が入ります。
これは申し込みフォームに入力を行った希望連絡先への電話連絡で、残りの項目について電話口で答えるのが特徴です。
連絡時間は午前9時から午後9時までの中で、希望連絡時間を記載する事が出来るようになっているため、入力が苦手などの人でも安心です。

また、ウェブ完結での申し込みの場合は、申し込み時に振り込みキャッシング先の銀行口座を記載しておく必要がありますが、選択した金融機関で本人確認を行うなどからも、短時間で融資を受けられるチャンスが広がります。

審査の中では申し込み時に入力した情報や電話での質問回答などを基に融資の可否を吟味する事になるわけですが、この時個人信用情報の内容をチェックする事になります。
個人信用情報内に特別な問題点がなければ、後は返済能力に見合う申し込み額であるのか否かを審査してくれます。
申し込み額は希望額を明記する事が出来ますが、この金額は無理のない返済可能な金額にしておく必要があります。
仮に、数社から借入を持つ場合は、プロミスの返済だけでなく他社への返済もあるわけですから、借入額を大きくすると返済が困難になる事もあります。

但し、プロミスの審査の中では他社からの借入がどれだけあるのかを個人信用情報内でチェック出来るようになっているため、返済出来ないような金額で申し込みをしていても、減額された形で融資が実行される、もしくは審査に通過出来ないなどのケースもあるなど、返済能力に見合う金額であれば柔軟な対応をしてくれるわけです。

プロミスで審査に通るための条件とは?

プロミスには初めての利用者に対し、ウェブ明細とメールアドレス登録を行った場合、最大30日間の金利0円サービスがあります。
契約の翌日から30日間の中で返済した場合には、返済したお金には利息が掛からない魅力的なサービスです。

例えば、当月の1日に契約を結んだ場合、翌日から翌月の1日までに返済を行えば利息が掛からない時、2日に30万円を借りた時、30万円の内20万円を10日に返済、残りの10万円を当月の30日に返済すれば30万円は実質利息がゼロでお金を借りる事が出来るわけです。
こうした魅力的なサービスを行っているプロミスは審査についても甘いなどからも利用者数が多くなっています。
審査が甘いと言っても、他社からの借入が多くある、総量規制で制限が行われている年収の3分の1を超えそうな場合には審査に通過する事は出来ません。

また、年収の3分の1未満の中でも、返済遅延をしている場合などでは融資を断れるケースもあります。
年収300万円、税金を差し引いた年収が220万円の場合は、総量規制の範囲内での借入可能額は約70万円になります。
他社からの借入が30万円などの場合は約40万円の借入が可能でも、借金返済が遅れた事実が個人信用情報に掲載してあれば、プロミスの審査も厳しく行われる事になります。

また、プロミスに申し込みをする前に、幾つかの金融業者に申し込みを行って断われている場合は申し込みブラックの状態になっている可能性もあります。
申し込みを行った時には個人信用情報を照会する事になり、照会の記録が個人信用情報に行われています。

仮に、短期間で3社に申し込みをして断われていれば、プロミスが審査する時には4社目になるため審査を厳しく行う事になるため、申し込みを断れる可能性も高くなります。
審査に通過するポイントは、借金をしている時には総量規制の範囲内で希望額を提示する、返済が遅れていない、申し込みブラックにならないなどがあります。

プロミスの審査は甘い、しかし借金を既に抱えていて総量規制で制限される年収の3分の1に近い場合や個人信用情報内に問題点がある時には融資を断れるケースもあります。
プロミスは即日融資をしてくれるなどのメリットがある消費者金融で、個人信用情報に問題がない人に対して短時間で融資をしくれる、結果的に甘いなどのイメージが定着しているわけです。

プロミスに申し込む