CMで分かるプロミスの魅力と実態

プロミスの テレビCM

テレビCMでもお馴染みの消費者金融系カードローン「プロミス」は、CMで紹介されている通りのメリットがあるのかどうかを知っていると、実際にカードローンの利用を検討する場合にとても役立ちます。現在、CMの内容は非常に厳しく規制されているので、「事実のみがプロモーションされている」と思って何ら問題ありませんが、実態を知ることでさらに大きなメリットを感じられるようになります。

CM通りの魅力がプロミスにはあるのか

CMを見て「プロミス」という存在を知る人はたくさんいます。むしろ、すでにカードローンならびにプロミスの存在を把握している人にとっては当たり前のことですが、プロミス以外にもカードローンを利用する選択肢があることを知っています。つまり、CMを見て初めて知るような状態では、基本的な知識が不足しているということです。

たとえば、プロミスの金利や契約条件、利用する上でのリスクなど諸々の条件を知ってプロミスに申し込みをすることが非常に重要です。しかし、CMを見てはじめてプロミスを知った人にとっては、CMから得られる知識だけがプロミスのすべてという認識になります。

もちろん、それはプロミスも想定していることなので何ら問題はありません。しかし、本来それでは順序が逆になってしまうので、しっかりとしたプロセスを経て利用することが非常に重要です。当然、プロミスが告知している魅力はCMからでも多分に認識することができますが、そこから知れる情報がすべてではありません。

もし、事前に存在を把握することができたのであれば、インターネットなどの可能な限りの選択肢を駆使して情報を収集し、他との差や優先度の違いなどをしっかりと検討したうえで申し込むことになりますが、それをする時間や余裕がなければ「間違った認識」の中で申し込む可能性もあります。

もちろん、CMで発信している情報はすべて事実に基づいているものばかりなので心配する必要はありませんが、「認識の仕方」でまったく違う情報に感じられてしまう可能性はゼロではありません。適切な認識を持つことができれば何の問題もありませんが、少なくとも偏った認識、または間違った認識を持ってしまっていないかどうかを確認してから申し込んだ方が賢明です。

これはカードローン利用時全般に言えることであり、不要なリスクを回避しながらカードローンを利用するために必要な最低限度の知識です。

カードローンを利用する上で必要な知識

CMから得られる知識を元に判断する必要はもちろんありますが、そのためには非常に多くの知識と経験を身に付けている必要があります。これは、カードローンを利用する上で必要不可欠なものという認識を持って何ら問題はないものの、利用者全員が必要な知識を身に付けてから申し込みをしているわけではありません。むしろ、知識が不足したまま申し込みをしている人の方が圧倒的多数です。

何の知識を持っていなくとも、適切な選択ができていれば安心してカードローンを利用することができます。ただ、知識がないことで不適切な選択肢を選んでしまった場合には大きなリスクを負うことにもなり兼ねないため、できる限り事前に判断できる根拠を知る程度の知識を身に付けておくことが重要です。

カードローンを利用する上で必要になる知識とは、たとえば「金利の意味」「利息を節約する仕方」などです。具体的に何を必要とするのかは状況によりますが、まずはこれらの知識を身に付けなければ安全にカードローンを利用することはできません。必ずしもできないとは限りませんが、少なくとも可能性が低くなることだけは確かなことです。

カードローンを利用する上で必要な知識を把握するためには、インターネット上で情報を検索すれば簡単に手に入れることができます。まずは、金利に関する知識を身に付けることでプロミスを利用中に起こり得るリスクを回避しやすくすることが重要です。仮に途中で失敗してしまう結果になったとしても、知らずに失敗してしまう場合と知って失敗してしまう場合ではまったく意味が違います。

必要最低限度の知識を身に付けるだけでもまったく問題はありません。兎にも角にも必要な最低限度の知識を身に付けることが重要であることには違いありませんが、必ずしも専門的で深い知識を身に付ける必要はないということです。少なくとも最悪の状況を回避するための手段を身に付けられれば問題ありません。

金利による比較の方法と意味

天秤
カードローンを利用する上で絶対に欠かすことのできない知識の一つが、「金利」に関するものです。たとえば、カードローンを利用する際には必ず金利が設定されますが、各カードローン業者によって設定される可能性のある金利は異なります。契約時点でははっきりとした金利が確定していますが、事前に把握できていた方が安全性が高いです。

たとえば、プロミスが設定している金利の幅は「4.5~17.8%」なので、契約するときにはこの範囲から適用される金利が決定します。実際に適用される金利がいくつになるのかは「審査によって決定」しますが、事前に設定される可能性のある範囲が把握できていれば、契約する前におおよその状況を想定することができます。

カードローンを利用する状況では、多くの人が「分割返済」を行うことになるため、金利による影響が非常に大きく現れます。仮に金利10%と20%で契約する条件があった場合には、利息だけで2倍の違いになるので返済は大変になってしまいます。幸い、プロミスが設定している金利は最大でも17.8%なので若干は少なく済みますが、それでも最小値と最大値では大きな違いがあります。

金利を比較することは、カードローンを比較することと同義です。どこの会社と契約するのかを検討する意味は「金利が高いか低いか」を比較すると言い換えても過言ではありません。むしろ、これ以外にカードローン業者を比較するものがないといっても過言ではないほどです。

金利を比較する場合、「契約したときに設定される可能性のある金利値」を元に行うことが大切です。たとえば、最小金利が低い銀行系カードローンと最小金利が高い消費者金融系カードローンを比較する場合、最小値で比較すれば優先順位は一目瞭然です。しかし、現実的には最小値で契約できる可能性は低いので、むしろ最大金利で比較した方が現実的な数値に近くなる状況を把握することが大切です。

プロミスは「大手ゆえの安心感」が大きな魅力

金利を比較する際には、プロミスならば「4.5~17.8%のどこかに設定される」という状況をよく理解することが大切です。最小値と最大値では13.3%の違いがありますが、このどこに設定されるのかは審査を受けてみるまでは分かりません。審査を受け、契約が決定した段階では明確な金利設定が出ていますが、審査結果が出るまでは契約時にいくらの金利が設定されるのかは未定です。

金利が決定する根拠としては、「返済能力がある」という条件が非常に重要です。返済能力が高く、なおかつ確実に返済を行うであろう人物であるという信頼が高ければ高いほど好条件で契約できる可能性がありますが、逆に信用がなくなればなくなるほど契約条件も冷遇されやすくなってしまいます。

カードローンを利用する人の多くは、「審査を突破できるかどうかが分からない」という状況にあるだけでなく、「審査を突破すること自体が難しい状態」で申し込んでいることが多いです。全員がそういう状況で申し込みをしているわけではありませんが、少なくとも自身が審査を受けた場合の結果を予測できる程度の知識(情報)を手に入れることはとても大切です。

カードローン業者によって審査難易度は大きく異なる事があり、審査難易度が低い業者ほど契約内容が冷遇される可能性が高く、審査難易度が高い業者ほど契約内容が優遇される可能性が高くなります。ただし、審査基準が低い業者は悪質な業者の可能性があるので、よほどの理由と根拠がない限りは利用しない方が賢明です。

その点、プロミスならば消費者金融系カードローン業者の中でも大手で、他社と比較しても引けを取らないばかりか、むしろ優先的に利用する意味があると言えるほどの好評が多くあります。もちろん、無条件に利用する価値があるとまでは言えませんが、少なくとも消費者金融系カードローンに申し込みをする場合には候補に挙げておいて損はありません。

大手消費者金融系カードローンであるプロミスは、CMを見ても分かる通り非常に利便性の高いカードローンです。金利などは一般的な消費者金融系カードローンのそれなので、銀行系カードローンを利用できる場合は優先度が下がります。ただ、総合的なメリットを鑑みると、積極的に利用するだけの価値はあるといっても問題はありません。

プロミスに申し込む