プロミスは口コミ件数が多い消費者金融の一つ

プロミスは口コミ件数が多い消費者金融の一つ

消費者金融を利用する人が増えていますが、大手の消費者金融の一つでもある、プロミスは対応が良いなどの口コミが多くあります。
また、プロミスの口コミの中には在籍確認の電話連絡なしでキャッシングの利用が出来た、審査後の契約をすぐに行ったら、申し込みから融資までの時間が3時間などの口コミ情報も見る事が出来ます。

在籍確認の電話連絡は申し込み後に相談が決め手

プロミスを利用する人は多いかと思われますが、プロミスの口コミの中には在籍確認の電話連絡なしで融資を受ける事が出来た人も少なくありません。
在籍確認の電話連絡は会社への連絡で、お金を借りる時には仕事をしているのかなどの目的で必ず在籍確認が行われます。
申し込みを行う時には現在の勤務先の社名を初め、住所や電話番号などを記載しています。
この情報が正しいものであるのか否かを確認するのが在籍確認の目的です。
在籍確認が行われるタイミングは申し込みを行ってから数時間後、ある程度審査も終盤になった時点で行われるケースが多く、口コミの中で在籍確認についての情報を記している人の大半が融資を受ける事が出来ています。
在籍確認の電話連絡が入った場合は、ほぼ審査に通過している、最終確認の目的で在籍確認が行われると考えておくと良いでしょう。

しかし、在籍確認は会社に消費者金融から電話連絡が入るものですから、大半の人は会社にバレたら困るなどの不安を抱くのではないでしょうか。
口コミ情報をチェックしておけば、在籍確認の電話連絡は個人名で電話を行っている事が分かります。
プロミスの名を名乗るのは自分が電話口に出た時で、それまでは個人名で電話をするので安心です。

職種の中には電話に出る事が出来ない、正社員以外の雇用形態になっているので、電話対応が難しいなどのケースもあります。
例えば、工場の生産ラインでアルバイトなどの仕事をしている場合、持ち場を離れる事が出来ないケースも多いと言えましょう。
プロミスは申し込みを行った後、サポート窓口に電話を行って在籍確認についての相談をすると電話連絡なしでキャッシングの利用が出来るなどの口コミも多くあります。
電話口にどうしても出る事が出来ない時などは勤務先のタイムカードの写し、源泉徴収票や給料明細書の写し、社員証や健康保険証などの写しなど、勤務証明が出来る書類を提出する事で在籍確認の電話連絡なしで融資を受ける事が出来るケースもあります。

審査に不安に感じる人は口コミをチェックしておきましょう

プロミスは銀行系消費者金融などからも利用したいと考える人も多いと言えましょう。
また、即日キャッシングが出来るなどの迅速な対応をしてくれる口コミも多くあるため、急にまとまった現金を手に入れたい時など役立つ存在になってくれます。
実際申し込みをする段階になると、審査に通るか不安に感じる人は多いかと思われますが、プロミスの審査に落ちた人などの口コミの中には幾つかの共通点があります。

プロミスは総量規制の対象になるため、申し込み出来る金額は自分の年収の3分の1未満までになります。
年収が300万円の場合、申し込み可能な上限額は100万円までになりますが、100万円を借りた場合に返済が出来るかは総量規制で制限が行われている年収の3分の1未満とは別の話になります。
生活費を節約して出費を抑えている場合などは毎月返済が出来る可能性もあるかと思われますが、年収300万円は開くまでも税込みの年収であり、手取りとして計算した場合には300万円よりも少なくなるわけです。
仮に、税金を差し引いた金額が220万円などの場合は、3分の1の額が約70万円になるわけですから、30万円余計に申し込みをしている事になります。

総量規制の事を知っている場合でも、返済能力がどれだけあるのかを考えずに申し込みをしてしまうと審査に落ちてしまうケースが多いわけです。
ちなみに、年収300万円の人が70万円のローンを組んだ時、返済回数が59回の場合は毎月18000円の返済が必要になります。
この金額が楽に返せるものであるのか、それとも無理をすれば何とか返せる金額であるのかは生活スタイルに応じて変わります。
仮に、無理をすれば何とかなるなどの場合は、収入よりも支払いの方が大きくなる可能性がある、遅延する可能性も出てしまいます。

総量規制の中には50万円を超える申し込みの場合には収入証明書類の提出が必須になっている、返済が困難になる申し込み者の場合は減額した形で融資を行うケースが多いわけです。

個人信用情報は審査時に利用される重要なポイント

プロミスの口コミの中には個人信用情報についての記載が行われているケースもあります。
個人信用情報は金融内での事故情報が記録してある、申し込み記録が行われているなどの特徴を持ちます。

また、個人信用情報は信用情報機関が管理を行っているもので、国内には3社の信用情報機関が存在しています。
3社の信用情報機関は銀行や信用金庫などが加盟登録している会社、プロミスなどの消費者金融が加盟登録している会社、クレジットカード会社や信販会社などが加盟登録を行っている信用情報機関があります。
それぞれ情報の共有化が行われている部分と独立している部分があります。

例えば、債務整理を行った場合、債務整理が自己破産や個人再生などの裁判所での手続きになる時、裁判所の決定事項は官報に掲載が行われるようになっています。
官報の情報は3社の信用情報機関が共有化を行っているため、裁判所を利用する債務整理を行っている場合は、情報が消滅するまでの間はどこからもお金を借りる事が出来ません。

消費者金融の中で多数の会社に対し手立て続けに申し込みを行うと、申し込みを行った記録が個人信用情報に記録が行われるので、申し込みする側はお金に困っているなどの判定を下されてしまいます。
但し、この情報は消費者金融業界が加盟登録を行っている信用情報機関の個人信用情報のみになるので、銀行が照会する個人信用情報には記録がありません。

また、個人信用情報には借金の有無や返済遅延などの情報も記録が行われているため、過去の借金で遅延をした経緯がある場合には審査に通過出来ないケースもあります。
プロミスで申し込みを行う時など、お金を借りたい場合は個人信用情報に記録が行われている情報を確認しておく事も審査通過に繋がるポイントとも言えましょう。
但し、今まで一度も借金をした事がない、プロミスを利用するのが初めてなどの場合は個人信用情報の記録はないので審査通過の可能性は高くなります。

即日融資を受けたい時にはどうすれば良いのか

砂時計とお金
プロミスは即日融資対応をしてくれる消費者金融などの口コミが多くあります。
即日融資は申し込みを行った当日中に現金を振り込んでくれる、お金をすぐに使える魅力を持っています。
一般的には午後2時50分までに契約を完了させる事がプロミスで即日融資を受けるポイントになりますが、この時間帯は仕事をしている人など契約を行う事が出来ないなどでタイムオーバーになってしまうケースもあると言えましょう。

プロミスにはネット申し込みが出来るようになっていますが、ネット申し込みはパソコン、スマートフォンや携帯電話のいずれかになります。
ネット申し込みの場合は土日や祝日も行えますし、深夜の時間帯でも可能です。
また、プロミスはカード発行だけでなく、振り込みキャッシングにも対応しているため、入金する銀行口座に応じて遅い時間帯での振り込みキャッシングが利用出来るケースもあります。
例えば、プロミスとのグループ銀行とも言える三井住友銀行、ネットバンクのジャンパンネット銀行などの場合は24時間受付を行っており、受付から最短10秒で振り込みキャッシングの利用が出来るようになっています。

また、三井住友銀行やジャパンネット銀行の場合は土日や祝日も同じ時間帯で受付を行っているので休みの時を利用したい人にとっても便利です。
これ以外の銀行の場合は、曜日や時間帯に応じての振り込みキャッシングになりますが、平日の午前9時から午後2時50分までであれば受付完了から最短10秒で振り込みキャッシングの利用が可能です。
平日午後2時50分を超えてしまった場合は翌営業日に振り込みキャッシングが行われる事になりますが、土日や祝日は営業していないなどからも、金曜日の午後2時50分以降の受付の場合には次週の月曜日、月曜日が祝日の時には火曜日に振り込みが行われる事になるわけです。
こうした情報についてもプロミスの口コミをチェックしておくと分かります。

プロミスは大手の消費者金融などからも利用者数が多いのが特徴です。
これに伴い、プロミスの口コミ件数も多くあるので、審査に不安な人や即日融資を受けたい人などはプロミスの口コミをチェックしておくと良いでしょう。
また、プロミスを利用してキャッシングを行う前には必ず返済契約を立てておきましょう。
サイト内には返済計画に便利な返済シミュレーションがあるので利用するのがお勧めです。

プロミスに申し込む